2020年度 COVID-19研究に関する申請に対して追加で枠を設け、5件(100万円/1件)への助成を行うことを決定いたしました。
アステラス病態代謝研究会が特に応援したい研究者は、「個人型研究を新たに提案する研究者」、「女性研究者」、「教室を立ち上げたばかりの研究者」、「留学から戻られたばかりの研究者」、「ライフイベント(出産、育児、介護)と研究を両立させている研究者」です。
【2020年度 研究助成採択状況】
お知らせ
Information
2021.01.07NEW COVID-19研究に関する追加の研究助成
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、アステラス製薬株式会社よりCOVID-19研究へ役立てて欲しいとのご意向から、500万円のご寄付が寄せられました。
本財団としてもできる限りスピーディーに対応すべく、急遽、COVID-19研究助成枠を設定し、2020年度の研究助成申請の中から、COVID-19の治療や研究の進展が期待される優れた申請に対し助成することを決定致しました。
2020.11.04 内閣府より2020年度秋の褒章の受章者が11月3日付で発令されましたが、当財団の後藤由季子理事が紫綬褒章を受章されました。 昨年の一條秀憲理事に続いての受賞です。
このたびのご受章を心よりお慶び申し上げますとともに、後藤 由季子理事のご健勝と益々のご活躍を祈念申し上げます。