応援したい研究者
アステラス病態代謝研究会が特に応援したい研究者は、「個人型研究を新たに提案する研究者(申請者独自のアイデアに基づいた研究)」、「女性研究者」、「教室を立ち上げたばかりの研究者」、「留学を終えて帰国後2年以内の研究者」、「ライフイベント(出産、育児、介護)と研究の両立」です。
2023年度研究助成金採択者の割合を掲載します。
【2023年度 研究助成採択状況】
個人型研究 女性研究者 教室立上 留学後2年以内 ライフイベント
との両立(※)
該当数6016341320
割合75%20%43%16%25%
(※)ライフイベント:出産・育児・介護
お知らせ
Information
2024.02.06NEW 当財団学術委員の塩見 美喜子先生が、医学界で顕著な業績を挙げ、優れた貢献を果たされた研究者に贈呈される2023年度「内藤記念科学振興賞」を受賞されました。
この度のご受賞を心よりお慶び申し上げますとともに、塩見先生のご健勝と益々のご活躍を祈念申し上げます。
2024.01.22 当財団学術委員の西川 博嘉先生が、医学界で顕著な業績を挙げ、優れた貢献を果たされた研究者に贈呈される2023年度「上原賞」「SGH特別賞」を受賞されました。
この度のご受賞を心よりお慶び申し上げますとともに、西川先生のご健勝と益々のご活躍を祈念申し上げます。